萌出時齲蝕(6歳むし歯・12歳むし歯)にご注意 横浜市旭区の歯科・矯正歯科:江口歯科・矯正 相鉄線二俣川駅北口徒歩1分

治療案内へこどもの歯のはなし矯正治療へ口腔外科へe-口模型の作り方へ江口院長プロフィールへ評価及び表彰へ講演及び論文へ施設の概要へ施設の沿革へPhotoGalleryへ江口歯科アクセス情報へリンク集へ休日医療機関へ江口歯科トップページへ院長のこの一年高温オイル殺菌装置について

 

小学校6年生における下顎第一大臼歯の齲蝕の割合は全永久歯の61%に及び、中学生では下顎第二大臼歯の齲蝕の発生率が高いことがよく知られている。そして、前述のとおり、下顎第一・第二大臼歯ともその後の早い段階で齲蝕により脱落することが多く、確率的に両方を喪失している割合も無視できない数となる。

 

このように連続して下顎大臼歯を喪失すると、将来、対合する臼歯部を失う原因となるばかりでなく、臼歯部での咬合高径を保つことができなくなり、顎関節症の原因にもなりうるのです。


 萌出時齲蝕の効果的な予防法として、歯が萌出し始めたらフッ化物塗布を行い、咬合面が完全に見えたらシーラントを行うことと、ワンタフトブラシで裂溝や歯冠部を覆っている歯肉の間を丁寧に磨くことがとても大切である。

 

歯界展望(2012年2月号)からの引用

 

 

 

1)歯と虫歯 2)歯周病 3)あごの退化と咬むことの効用 4)不正咬合

5)萌出時齲蝕 6)6歳むし歯・12歳むし歯にご注意

 

医療法人社団 恒久会 江口歯科・矯正 横浜市旭区歯科 TEL:045-364-9550
〒241-0821 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-17 (相鉄線 二俣川駅北口徒歩1分)